1. TOP
  2. 佐鳥SPテクノロジ株式会社
  3. Western Digital HDD
  4. Ultrastar DC HC210

Ultrastar DC HC210

Western Digital Ultrastar DC HC210の特長

低容量

サーバー起動と小規模データセット向けに費用対効果が高い1TBモデルと2TBモデル

レガシーとの互換性

512nセクターフォーマットのSATA 6 Gb/sのインターフェースによりレガシーシステムをサポート

エンタープライズ向けの構築

200万時間のMTBFと5年間の製品保証を備えた堅牢なメカニカルデザイン

 

Western Digital Ultrastar DC HC210の概略仕様 

仕様

SATA

インターフェイス

SATA 6Gb/s

容量※1

2TB/1TB

フォーマット※2セクターサイズ(バイト)


512native

データバッファ※3

128MB

回転数

7200rpm

インターフェース転送速度(MB/s、最大)

600

連続データ転送レート
(MiB/s、標準)※4
(MB/s、標準)


191/175
200/184

MTBF(時間)※5 200万
可用性(時/日 x 日/週) 24×7
騒音
アイドル時/動作時(B、標準)

2.5/2.8

電力 要件 +5 VDC、+12VDC
動作時(W、標準)※6
アイドル時(W)※7
8.1
5.9
周囲温度:動作時
     非動作時
5°C~60°C
-40°C to 70°C
モデル番号

HUS722T2TALA604 (2TB)
HUS722T1TALE604 (1TB)

※開示情報
1. ストレージ容量の単位は、1メガバイト(MB) = 100万バイト、1ギガバイト(GB) = 1,000MB(10億バイト)、1テラバイト(TB) = 1,000GB(1兆バイト)です。有効容量はフォーマット、システムソフトウェア、その他の要素により記載される容量とは異なります。 2. Advanced Formatドライブ:4K(4096バイト)物理セクター。 3. ドライブファームウェアに使用されるバッファ容量の一部。 4. 1MiB = 1,048,576バイト(220)、1MB = 1,000,000バイト(106)。 5. MTBF(平均故障間隔)とAFRの目標は標本母集団に基づき、平均的動作条件下での統計的計測および加速アルゴリズムにより推定されたものです。MTBF(平均故障間隔)とAFRの評価は個々のドライブの信頼性を予測するものではなく、製品保証には含まれません。 6. SATAモデル:8Kキューデプス = 1 @ 40 IOPS、SASモデル:4Kキューデプス = 4 @最大IOPS。 7. アイドル時の仕様はIdle_Aの使用に基づいています。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記連絡先までお気軽にご連絡ください。

03-3452-7757
【受付時間】 9:00~17:00
(土日祝日、当社休業日を除く)