• HOME
  • CSR
  • 佐鳥グループ企業行動倫理規範

CSR

佐鳥グループ企業行動倫理規範

我々、佐鳥グループは企業活動を通して社会的責任を果たす事により、豊かで安全な社会の発展に貢献する事を目指し、役員、従業員が遵守すべき規範・行動基準を定めました。
この規範・行動基準は、役員、従業員が自らの重要な役割と認識し、率先垂範して社内各組織へ周知徹底と定着に最大限努力いたします。

1. 企業行動倫理規範

  1. 法令を遵守し、高い倫理観を持ち、誠実に行動します。
  2. 社会的に有用な商品・サービスを提供することで社会に貢献します。
  3. 良き企業市民として環境保全に努め、地域社会の発展に貢献します。
  4. 中長期的視野に立った経営活動により企業価値の増大をはかり、株主・投資家の期待に応えます。
  5. 従業員の人格を尊重し、ゆとりのある明るく安全で衛生的な職場環境を実現します。

2. 企業行動基準

  1. 法令等遵守
    国内はもちろん、それぞれの国や地域の関係法令および国際ルールを遵守し、文化・慣習を尊重し、社会的良識を持って行動します。
  2. 公正かつ透明な取引
    自由競争のもとですべての取引先と相互に尊重し合い、公正で透明性ある適正な取引をおこないます。
  3. 社会的に有用な商品・サービスの提供
    多様化する顧客ニーズに的確に応えるとともに、安全と品質および環境に配慮した有用な商品・サービスの提供に努めます。
  4. 環境問題への積極的な取り組み
    環境問題に常に配慮し、自主的、積極的に取り組みます。
  5. 財務報告の正確性
    企業活動にともなう会計記録や財務報告について、常にその正確性に努め、意図的な改ざん、あるいは改ざん行為への関与は致しません。
  6. 情報の開示と管理
    企業情報は積極的かつ公正に適時開示します。会社の秘密情報、個人情報、取引先情報等すべての情報は厳重に保護・管理をおこないます。
  7. インサイダー取引の禁止
    業務遂行上で会社、またはすべての取引先情報を知った場合、正式な発表がおこなわれる前にそれらの会社の株式等を売買すること、またそれらの情報を他者に伝えることは致しません。
  8. 人権の尊重
    基本的人権を尊重し、あらゆる差別や嫌がらせは致しません。また、職務上の優位な地位や立場を利用した性的・暴力的・脅迫的な嫌がらせを禁止します。
  9. 反社会的勢力・団体との対決
    市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体とは毅然とした態度で対応し、いかなる取引も致しません。
  10. 知的財産の適切な取り扱い
    知的財産に関し、自己の権利を保護・管理し、他者の権利を侵害致しません。
  11. 周知徹底・率先垂範
    経営者はこの規範、基準の周知徹底をはかるとともに、自ら率先垂範して実効ある社内体制の整備に努めます。万一、この基準の内容に反するような事態が発生した場合には、経営者自らが問題の解決にあたり、原因追求・再発防止に努めます。
制定 2005年 7月 6日
改定 2008年1月18日