1. TOP
  2. ワイヤレスソリューション
  3. その他ソリューション
  4. Armadillo(組込プラットフォーム)
  5. Armadillo-IoT G3L

Armadillo-IoT G3L

小型IoTゲートウェイプラットフォーム

Armadillo-IoT G3Lは、センサなどから収集したデータをクラウドや自社のサーバにアップロードする"IoTゲートウェイ"を開発・製品化するのに適したプラットフォームです。 G3と比較してよく使われる機能を厳選することにより小型化を実現しています。OSとしてDebian GNU/Linuxを採用しているので、アプリケーションも自由に開発・実装することが可能です。このため、"IoTゲートウェイ"としてだけでなくWebサーバやデータベースなどを導入し、自身をサーバとして利用することもできます。

Armadillo-IoT G3Lの特徴

G3L

Armadillo-IoT G3L概略仕様※1

項目 仕様
CPU Arm Cortex-A7(996MHz)デュアルコア
RAM 1GB/512MB(DDR3L-1066)
ROM 3.8GB(eMMC,SLCモード)
LAN RJ45×1(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T, AUTO-MDIX対応)
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n(最大150Mbps)または非搭載
モバイル通信 LTE (Gemalto M2M製通信モジュール ELS31-J)または非搭載
シリアルI/F RS-422/285
USB USB 2.0(Host)×1(High Speed)
SD/MMC マイクロSDスロット×1
カレンダ時計 RTC搭載(バックアップ機能対応 ※バックアップ用電池接続時)Y
LED 3個
スイッチ タクトスイッチ×1
入力電源 DC9~24V±10%
消費電力(参考) WLAN搭載:約2.2W(待機時), 約3.7W(LAN, WLAN, LTE通信時)
WLAN非搭載: 約2.0W(待機時), 約2.8W(LAN, LTE通信時)
動作温度範囲 -10~+50℃ ※ただし結露なきこと
アドオンモジュール 搭載不可
筐体サイズ 122.0(フランジ部含む長さ140.0)×59.9×31.0mm ※突起部分を除く

※1:正式な仕様はメーカサイトにてご確認ください