1. TOP
  2. 鉄道ソリューション
  3. 製品一覧
  4. 面状均一発熱方式:ファブリックヒーター

面状均一発熱方式:ファブリックヒーター

概要

  •    ファブリックヒーターはカーボンナノチューブ被覆された導電性糸を横糸に使用した織物状ヒーターです。

特徴

■面状均一発熱
    面状均一発熱方式のため、ムラなく均一に瞬時に発熱
■低消費
    電熱線ヒーターと比較し30%以上低消費。自身を温める時間が不要のため突入電流の発生しないため、電源制御により大幅な節電が実現可能
■断線に強い
    断線した場合も、断線箇所以外は発熱。また異常発熱、発火は発生しない。
■様々な形状・素材に対応
       織物状ヒータのため、ゴム・樹脂・PET・FRPなど、様々な素材で加工可能。形状・サイズも柔軟

レールヒーター

■性能試験
  ヒーター温度は130℃付近を維持。
  レール温度25℃常温から約47℃程度まで上昇
■用途
  【電気融雪器】:カンテラ、既存電気融雪機の代替
  【レールヒータ】:朝露等による車輪空転軽減用ヒーター

ファブリックヒーター設置想定箇所

設置箇所 上屋、レール、軌道、融雪小屋、熱風融雪機給気口、ホーム、
3DLR評価用反射体、信号機器室屋根、架線、車両関連、等


お問い合わせ

03-3457-0421

【受付時間】 9:00~17:00
(土日祝日、当社休業日を除く)