投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様へ

代表取締役会長 兼 CEO
植田 一敏







平素は格別のご支援ご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
ここに第72期(平成25年6月1日から平成26年5月31日まで)の事業の状況につきましてご報告申し上げます。

当連結会計年度における世界経済は、中国をはじめとする新興国の成長率が鈍化したものの、米国景気の堅調な推移と欧州景気の底入れ感に支えられ総じて緩やかに回復いたしました。一方、国内経済は政府の金融政策等による円安・株高の定着を背景に、企業業績は底堅く推移いたしました。

このような環境の中、当連結会計年度の業績につきましては、売上高はデジタルカメラ市場の落ち込みがあったものの、スマートフォンや事務機器向け電子部品が堅調に推移したことにより1,293億2百万円(前期比0.5%減)となりましたが、営業利益は売上総利益率の改善により15億81百万円(前期比200.7%増)、経常利益は16億円(前期比117.3%増)となりました。当期純利益は海外子会社(台湾)に係る繰延税金負債の取り崩し(2億37百万円)もあり13億39百万円(前期は18億63百万円の損失)となりました。

当連結会計年度の期末配当金につきましては、1株当たり14円とし、中間配当金1株当たり10円と合わせた年間配当金は1株当たり24円とさせていただきますので、ご了承賜りたくお願い申し上げます。

株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。